山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

リーダブルコードを読む その4

リーダブルコード

今日はリーダブルコードの7章を読みました。

7章 制御フローを読みやすくする

コード制御フローを読みやすくするためには、

・条件式の引数の並びを、(「調査対象の式: 値が変化しない」 演算子 「比較対象の式: 値があまり変化しない」)とする。

例えば、if(a > 10) のように記述する。

・if else 文のブロックの並び順は単純な条件を先に書く。

・関数のreturn文は、行数の短い場所で返すことが好ましいときもある。一番最後に書く必要はない。

・ネストは浅くする。見た目もスッキリする。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)