山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

Logicoolのマウス(M570) の交換保証

追記

交換品が壊れました

yamakasa3.hatenablog.com

ワイヤレス トラックボール M570

Logicoolはマウスやキーボードが有名です。なかでも、「ワイヤレス トラックボール M570」を愛用している人は多いと思います。

トラックボールマウスに慣れてしまうと、他のマウスを使いたくなくなるほど快適に使うことができます。

現在の最安値は、¥3,620でした。Amazonアフィリエイトのリンクを貼っているんですが、Amazonではなくノジマオンラインやビックカメラで買った方が良いと思います。Amazonによる販売ではなく、他の企業による販売になっているせいか分かりませんが、送料や値段が高くついていますね。

保証

現在、Logicoolは製品に3年間保証を付けているものがほとんどです。このM570も3年間保証があり、保証期間中に故障すると交換保証をしてくれます。

交換の依頼は、公式サイトの

http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/wireless-trackball-m570/contact-us

保証クレームの電子メールから問い合わせをすることができます。

僕はマウスが故障してしまったので、メールで交換の依頼をしました。必要なものは、製品のS/N番号を映した写真と製品を購入したと証明できるものでした。

僕の場合はAmazonで購入したので、Amazonの購入履歴をキャプチャして画像を提示しました。

対応のメールの文面からは、おそらく自動で配信されているもので、内容も自動で生成されていると思います。交換依頼をだしてすぐにメールが返ってくるんですが、故障内容による対応のメールが来るまでに5日間ありました。このメールで正式に交換依頼ができます。

交換保証ということで、故障した製品は手元に残ります。前は故障した製品を回収していたんですが、コスト的に見合わないと判断したのか、回収はやめたみたいですね。これを悪用されるリスクよりも、修理や回収をせずに交換保証をした方が損失が少ないんだと思います。

決して安くはない製品(値段以上の価値はあります)なので、保証書やレシートに該当するものはきちんと保管しておきましょう。

ちなみに、メールの依頼をしてから9日で交換品が届きました。ありがとうございました。