山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~ その2

Chapter 3 身近にあるものをモデリングしてみよう

モデリング対象はiPhoneということで比較的構造が簡単なものになります。僕はAndroidしか持っていませんが、本の画像と指示を見てiPhoneモデリングしていきました。

モデリング

モデリングという作業は対象物の観察から始まり、どのような構造になっているかを理解します。対象の構造をボクセルで表現するにはどうすればいいかを考え、対象物と比較しながらボクセルを配置していきます。構造が確定した後に色を塗ったり微調整をしていきます。

実際にモデリング行うには、対象をいくつかのパーツに分けて作成していきます。iPhoneの場合はメインとなる本体部分を先につくっていきます。本体は長方形ですが、角は丸みを帯びているので、角を削っていきます。本体部分ができた後は、ホームボタンや音量・電源ボタンなどを追加していきます。

できたもの

f:id:yamakasa3:20180726144150p:plain

f:id:yamakasa3:20180726145112p:plain

f:id:yamakasa3:20180726145122p:plain

f:id:yamakasa3:20180726145133p:plain

感想

リンゴマークの位置が若干違いますが、マークを作ったあとに動かす方法が分からなかったので、そのままにしています。切り取って貼り付けという操作があればできると思うので、今度やってみます。

こうやってモノができていくのは楽しいですね。