山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

[映画] ヘイトフル・エイト(吹替版)

ヘイトフル・エイト

amzn.to

あらすじ

舞台は山の上のロッジ、登場人物はワケありの7人の男と1人の女。人種も境遇もバラバラの8人、わかっているのは全員が嘘をついているということだけ。犯人は? 動機は? 8人の本当の関係とは? 実はオープニングから、すべての会話と視線、何気ない身振りに、巧妙かつ緻密な伏線が仕掛けられている。タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の謎解きに挑め! (Amazon Prime)

感想

放映時間が2時間48分とかなり長い映画の部類となりますが、章立てられているので、あまり気になりませんでした。また、R18指定されていますが、そこまで暴力的なシーンはなかったと思います。

この映画では、序盤は異なりますが、吹雪の中の小屋が舞台で密室劇が繰り広げられます。まあ、こういう密室劇はだれか一人が生き残るか、全員が死ぬかがお約束なので、そういった気持ちで見ていましたね。僕的には割とキレイニ落ちが付いたと思います。こういう映画は会話が主体となって展開されていきますが、B級映画にありがちな内容のない会話ではなく、ユーモアがあったりする会話なので良かったですね。まあ、僕は内容のない会話も好きなので、どちらでも良かったんですが。

放映時間は長いですがオススメですよ。