山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

実践で役立つ C#プログラミングのイディオム/定石&パターン その7

Chapter 5 文字列の操作

今回から Chapter 5 の文字列の操作について勉強したいと思います。

文字列の比較

名前付き引数を使うと可読性が向上することが分かります。

var s1 = "mac";
var s2 = "MAC";
if (String.Compare(s1, s2, ignoreCase:true) == 0)
{
    Console.WriteLine("大文字と小文字を区別せずに文字が等しい");
}
else
{
    Console.WriteLine(" 等しくない");
}

ひらがなとカタカナの比較

var s3 = "リンゴ";
var s4 = "りんご";
if (String.Compare(s3, s4, new CultureInfo("ja-JP"), CompareOptions.IgnoreKanaType) == 0)
{
    Console.WriteLine("ひらがなとカタカナを区別せずに文字が等しい");
}
else
{
    Console.WriteLine(" 等しくない");
}

指定した文字が含まれているかどうか

Contains メソッドを使って指定した文字が存在するかを調べます。

var s5 = "ABC DEF";
var contains = s5.Contains('D');

Any メソッド

条件を満たす文字が含まれるかどうかを調べることができます。

var s6 = "Hello, World!";
var isExists = s6.Any(c => c == ',');

感想

文字列に関するメソッドはどの言語でもある程度ライブラリが揃っている感じですね。