山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

Mリーグにおける各チームの各順位の平均ポイント

Mリーグ

m-league.jp

前回の記事ではMJのレート計算式を参考にして各チームと選手のレートを出しましたが、大体得点の並び通りにレートも同様でした。

今回は各チームの各順位における点数の平均を出してみました。

着順分布

同着順は上の順位に合わせました。

チーム名 ポイント 1着 2着 3着 4着
フェニックス 349.4 19 22 12 15
サクラナイツ 121.7 19 16 16 17
雷電 53.9 17 15 19 17
ABEMAS -16.1 18 19 10 21
Pirates -20.7 17 17 21 13
格闘倶楽部 -52.6 17 12 25 14
風林火山 -141.9 15 19 15 19
ドリブンズ -293.7 15 15 19 19

平均得点

チーム名 1着 2着 3着 4着
フェニックス 63.3 11.4 -23.2 -55.5
サクラナイツ 64.5 9.5 -22.2 -53.2
雷電 67.5 12.4 -21.0 -51.8
ABEMAS 65.1 9.6 -19.5 -56.0
Pirates 60.9 9.1 -19.6 -61.5
格闘倶楽部 64.5 11.7 -22.0 -52.8
風林火山 62.1 12.8 -21.3 -52.5
ドリブンズ 61.6 12.2 -22.2 -51.6
平均 64.2 11.0 -21.5 -53.7

Pirates とサクラナイツは同着1着の影響 (33.9) で1着における平均点を下げています。この影響を除くと、Pirates の1着の平均得点は 62.6 となり、サクラナイツは 66.2 となります。

また、同様に雷電と Pirates は同着3着 (-29.9) があるので3着における平均得点に影響を与えています。影響を除くと雷電は -20.4 となり、Pirates は -19.1 となります。

感想

雷電は瀬戸熊選手と黒沢選手の大きいトップの影響で1着の平均得点を伸ばしていると思っていましたが、4着における得点も小さくしているのが意外でした。一方で着順取りが上手いとされている Pirates はハコラスを何回か取っているので、4着における平均得点が悪いですね。まあ、4着の回数が13と一番少ないので致命的とは言えないですね。