山傘のプログラミング勉強日記

プログラミングに関する日記とどうでもよい雑記からなるブログです。

JavaFX でゲームプログラミング超入門 その4

パックマンのようなゲーム

JavaFXを用いてパックマンのようなゲームを作りたいと思います。最終的な目標はRPGですが、段階を踏んでいきたいと思います。
youtu.be


今回作成したのは、プレイヤの移動と丸い黄色の点の処理に関するものです。
点の位置にプレイヤが来ると点が消えるようになっています。この処理と同時に点数に関する処理を付け足していきます。
また、時間に関する処理や敵の移動に関する処理も作ります。

処理の内容

具体的なプログラムを載せて説明を行いませんが、今回作成した処理を説明します。

プレイヤの移動

プレイヤは2枚の画像から構成され、右向きと左向きの画像を用意しました。上下の移動では画像は変化しません。
移動はキーボードの"LEFT"を押すと左に進むといった感じです。
移動の可否の判定は前回作成した、その2と同じようにつくりました。

ポイント(丸い黄色の点)

黄色の点は全部で50個あります。そして、移動可能な場所にしか配置していません。
配置方法は、移動可能場所をリストを用いてランダムに配置しています。
プレイヤの座標と点の座標が一致したとき、点を取り除いています。

コードはこのコメントやリファクタリング?を行ってから公開したいと思います。

使用した素材

opengameart.org